about

≫ 追憶の蒐集
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

暮らしの片隅に、小さな思い出を。

追憶の蒐集(ついおくのしゅうしゅう)をご覧いただきありがとうございます。
蝶、鉱物、キノコなど理系・博物趣味のアンティークなミニチュア標本を手作りしています。

博物館や蚤の市に並んでいたり。引き出しの奥にひっそりしまわれていたり。本棚の片隅で埃をかぶっていたり。
そんな、懐かしくて、コレクションしたくなるブランドにしたくて「追憶の蒐集」と名付けました。

気になる点がございましたら、お気軽にお問合せいただけると幸いです。

【WEB】
http://tsuiokuno.jp



≫ プロフィール
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
sayokoと申します。
岐阜県在住。

美術大学を卒業後、映像会社を経て、今はフリーでデザインや映像、webの仕事をしています。
アロマのネットショップで商品写真撮影したり、ページを作ったり。
YouTubeや映像編集もしています。

自宅のアトリエで、作品を作っています。
ひとり娘を育てながら、自宅のセルフリフォームしたり、子供のもの作ったり。趣味に生きています。



≫ 再販
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
あまり量産できないため売り切れの時もありますが、不定期で追加し再販しております。
再販の予定は随時、ギャラリーに表示しております。
お急ぎの場合は、「お問い合わせ」からご連絡ください。



≫ 予約販売
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
予約販売をご希望の場合は、「お問い合わせ」からご連絡ください。
販売中の作品と一緒にご予約する事も可能です。
作品によっては一ヵ月以上お待ち頂く場合がございます。



≫ 購入制限
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
なるべく多くの方に作品をお届けしたいと思います。
【同一の作品はお一人2点まで】の購入制限を設けさせていただきました。
複数ご希望の場合は、「お問い合わせ」からご連絡ください。



≫ エイジング加工
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ほとんどの商品が経年劣化を演出するために、アンティーク加工をしています。
拭き取り作業をしておりますが、火で炙ったり、コーヒーで着色した汚れが移る場合がございます。
特に、ドールとの撮影や、アクセサリーとしてご使用される場合はご注意ください。
汚れが移ると落とせない場合があります。



≫ 修理
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
市販品・既製品ほどの強度はないため、破損する場合がございます。
修理は無料でいたします。
修理が難しい場合もありますが、まずは「お問い合わせ」からご連絡ください。



≫ オーダーメイド
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
蝶の種類を変更したい。
キノコの本数を増やしたい。
青と緑の鉱物だけで作ってほしい。
プレゼント用に名前を入れたオリジナルのラベルがいいなど。
リクエストがありましたら、メッセージでご相談ください。

オーダーで制作する場合は、追加で作業料金をいただいております。
内容によって金額が変わりますので、お問い合わせいただければと思います。

制作にお時間をいただいたり、作れない物もありますが、出来る限りご希望の作品をお届けしたいと思います。



≫ History
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

追憶の蒐集は2012年にスタート。
イベント参加をメインに活動していました。

出産で一時休業。
2017年から活動再開しています。
子供が小さくてイベント参加がしにくく、ネットショップも作りました。

現在は、ネットショップ、minneの他に、実店舗様でも委託販売させていただいています。
愛知、岐阜のイベントにもたまに出店しています。
名前を見かけたらどうぞ お気軽にお立ち寄り下さい。
※イベント出展など情報は各SNSでお知らせします。


幼い頃、母が一時期ドールハウスにはまっていました。
ドールハウスの作り方の掲載された雑誌を何冊か持っていたのですが、とても惹かれたのを覚えています。
絵を描いたり、裁縫したり、工作したり。
小さなパーツが、加工されて素敵なミニチュアができるのが、魔法のようでした。

自分でミニチュアを作り始めたのは、大学を卒業して数年の頃です。
美大を卒業後、友人達とギャラリー運営をしたり、アート活動をしていました。

在学中から、球体関節の人形を使った映像作品を作っていました。
古い時代を舞台にした作品が多く、着物や小道具、家具などを作って撮影していました。

本や蝶の標本、古い写真などのミニチュアを作って、セットの部屋にどう配置しようか。
映像作品の小道具だったはずが、ミニチュアを作って並べるのが楽しみになっていました。

ドイツに行った時に「ゼンケンべルク自然史博物館」に行きました。
膨大な数の剥製や標本に囲まれて、とても興奮しました。
たくさんの美術館にも行っていたのですが、一番記憶に残ったのはこの博物館でした。
それまで意識していませんでしたが、博物趣味が好きなんだと認識しました。

大航海時代のヨーロッパで作られた、様々な珍しい品を集めた博物陳列室を「驚異の部屋」と言います。
ミニチュアをたくさん作って、展示して。
いつか自分だけの「驚異の部屋」を眺めるのが楽しみです。

  • Home
  • About
  • Blog
  • Community